脱毛サロン

脱毛を受けて火傷をしてしまったらどうする?

▼MENU

脱毛を受けて火傷をしてしまったらどうする?

 

今では、脱毛を受けている方はたくさんいますが、実は脱毛で火傷になってしまう可能性があるって知っていましたか?

 

むしろ、脱毛では、火傷が起こりやすい、起こる可能性がある、と言われています。

 

では、脱毛のときに、なぜ火傷が起こるのでしょうか?

 

 

脱毛機は黒い部分に反応するのですが、日焼けのしすぎなどでお肌が黒くなっている場合、ムダ毛だけではなく皮膚にも機械が反応してしまうからなんです。

 

また、通常のお肌の場合には、外部からの刺激からお肌を保護する働きが備わっているのですが、乾燥している場合にはその力が弱まっているんです。

 

それなので、脱毛で火傷が起こらないようにするためには、

 

  • 日焼けに気をつける
  •  

  • 保湿をしっかりとする

 

といった必要があるんですよ。

 

 

続いて、脱毛で火傷してしまったのかどうかを判断する方法について、お話します。

 

脱毛後はスタッフの方がお肌の様子をしっかりと確認してくれるので安心です。

 

しかし、もしもお肌に異常を感じたときには、家に帰ったあとでもお店に相談してください。

 

 

まず、日焼け後のようにうっすらとピンクがかかった赤みがある場合には、軽度の火傷の可能性があります。

 

この場合には、ヒリヒリ感があるのが特徴です。

 

じんましんができている場合にも、軽度の火傷の可能性があります。

 

水ぶくれができて痛みがある場合には、中度の火傷といえます。

 

 

なお、火傷と分かったときにしてはいけないことは放置することです。

 

なので、必ず医師に相談して、適切な処置をしてもらいましょう。

 

 

このように、脱毛で火傷になる可能性もゼロではないので注意が必要です。

 

日焼け部分だけではなく、ほくろやシミがある場合にも、気をつけましょう。

 

 

乾燥していてお肌の調子がよくないときには、キャンセルしてしまうということも必要かもしれませんね。

 

前日までなら、キャンセル料がかからない脱毛サロンがほとんどです。

 

 

脱毛で火傷にならないように、特に乾燥と日焼けはしっかりと対策していきたいですね。